虫歯リスクを減らす!虫歯にならない習慣とは

世の中にはほとんど歯磨きをしていないのに虫歯にならない人と、きちんと食後に歯磨きしているのに虫歯になりやすい人がいます。

なんとも不公平な感じがしますが、両者の違いはいったいなんなのでしょうか?

そして今後私たちは、虫歯にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

虫歯にならない人となりやすい人の違い

「虫歯になりやすい」といえば、歯磨きが不十分だと考えがちです。

しかし、最近の研究によって歯磨き以外にも気を付けた方がよい注意点があることがわかってきました。

虫歯のなりやすさは3歳までに決まる

虫歯の原因となるのは「ミュータンス菌」に代表される、いわゆる虫歯菌です。ミュータンス菌は私たちがお口に入れた糖分を分解して酸を出します。

この酸が歯を溶かすことで虫歯ができてしまうのです。このため、甘い物を食べると虫歯のリスクが高まることがよく知られています。

虫歯菌は歯に定着します。つまり、歯がない生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌はいません。

やがて歯が生えてくると、虫歯菌が感染するチャンスが訪れます。

お箸やスプーンの共有、キスなどのスキンシップを通し、大人から赤ちゃんへ虫歯菌は感染します。

さて、だいたい1歳半から3歳までの間にお口の中に住み着く細菌の種類が決まるといわれています。

お口の中にどんどん細菌が住み着いていき、一定量に達すると新たな細菌が入ってきても定着しなくなります。いわば、細菌たちによる「椅子取りゲーム」が行われているのです。

このため、3歳までに「ミュータンス菌」が口の中に定着しなかった場合、虫歯になる確率が小さくなるといわれています。

赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまわないように、親も自分の口腔ケアを十分にしてからスキンシップをとるように心がけましょう。

虫歯にならない人は唾液の量が多い

唾液には殺菌作用があり、虫歯の原因となるミュータンス菌を洗い流してくれます。

さらに、虫歯菌の出した酸で酸性に傾き歯が溶けやすい状態になったお口の中を中和してくれます。

よく噛むと唾液の分泌量が増加します。

よく噛んで食事をする人は、虫歯になりにくいと考えられるのです。

ちなみに口呼吸の人はお口の中が乾燥してしまいますので、歯医者では口呼吸に改善するように指導しています。

親子で虫歯の傾向は似る

虫歯のなりやすさは遺伝しません。

しかし、親から子へ歯の質は遺伝します。そして虫歯菌の感染機会も多く、虫歯と大きく関係する食生活も似通っています。

そのため、結果的に虫歯の傾向は親子で似てきます。

しかし、逆に言えば歯表面の質が弱い親子であっても、きちんと口腔ケアを行い虫歯菌を減らし、糖分摂取機会の少ない食習慣へと改善するなど対策をすれば、虫歯になりにくくできるということ。

乳歯は大人の歯(永久歯)に比べて歯の表面(エナメル質)の質が弱いため、虫歯になりやすく要注意です!

虫歯にならないための習慣

虫歯になりやすい人でも、対策をすれば虫歯の発生を防ぐことができます。

日常で注意したい歯のケアを確認しましょう。

酸性の飲み物に気を付ける

「コーラで骨が溶ける!」と子供のころによく聞きました。

さすがに飲み物なので直接骨を溶かすわけではありませんが、少なくとも歯には大きな影響を与えてしまいます。

コーラ飲料の酸性度は梅酒や黒酢よりも高く歯の表面を溶かすには十分なほど強力。

頻繁にコーラを飲んで歯を酸性にさらしていると、エナメル質が柔らかくなり虫歯になりやすくなります。

コーラ以外にもかんきつ類や酢を使った料理など、身の回りには酸性の食べ物がたくさんあります。

酸性の食べ物はダラダラと食べず、食後には水やお茶で口の中を洗い流すなど注意が必要です。

歯磨きは食後30分経ってから

虫歯にならないためには歯磨きが一番大切な習慣です。

食後に間髪を入れずに歯を磨くまじめな人がいますが、実はこれはNG!

酸性のものを食べてエナメル質が柔らかくなった状態で歯を磨くと、歯の表面を傷つけてしまうので逆効果です。

口の中は唾液の力で中和され、30分も経てばエナメル質は元に戻ります。

食後の歯磨きは一呼吸おいてからするように気を付けましょう。

朝や昼に歯を磨く時間がないというときは最低限夜だけでもしっかり磨くように心がけた方がよいでしょう。

3回を中途半端に行うよりは、夜の1回を時間をかけて丁寧に磨くほうが効果があります。

フロスや歯間ブラシで歯の間も磨くことを忘れずに。

予防歯科を受診する

虫歯が多くて悩んでいる人にぜひ試してほしいのが定期的な予防歯科でのケア受診。

数カ月に一度、できれば毎月、歯医者さんに通ってプロの手で口の中をケアしてもらいましょう。私たちのお口の中の状態に合わせて適切な期間を教えてくれるはずです。

予防歯科では主に次のようなことを行ってくれます。

  • 磨き残しへの対処法をを教えてくれる
  • 歯石の除去
  • フッ素塗布
  • 歯周病対策
  • かみ合わせチェック

自分ではきちんと歯磨きできているつもりでも、やはりどこかしらに磨き残しができてしまうものです。

歯医者さんに客観的に見てもらうことで、磨き残しが多い部分や逆にうまく磨けている部分も確認することができます。

虫歯の原因になる歯垢ですが、溜まったまま時間が経つと固まっていわゆる歯石になります。

歯石は歯に沈着し、歯ブラシでは取り除くことができません。

歯石は放っておくと虫歯や歯周病の原因になりますが、少しずつ歯に付着するので自分ではなかなか気が付きません。

定期的な予防歯科で歯石をチェックしてもらうのが最良の対策法だといえるでしょう。

歯を丈夫にするフッ素。

強い歯を作るだけではなく、初期の虫歯を改善する効果もあります。

歯医者さんで行う高濃度での歯面塗布は市販のフッ素入り歯磨き粉よりも高い効果を発揮します。

目指せ8020

虫歯になりやすい人でもあきらめず、しっかりケアすることで虫歯の発生を抑えることができます。

歯を失う3大原因は虫歯と歯周病、そしてかみ合わせ。

虫歯のケアは歯を守るうえでとても大切なことなのです。

厚生労働省は80歳で20本以上自分歯を残す、8020運動を進めています。

歯が多く残っている人は歯が少ない人に比べ、認知症発症のリスクが少ないことがわかっています。

また歯が20本以上の人は19本以下の人よりも、要介護認定を受けにくいという調査結果も出ています。

自分の歯をたくさん残すことは、健康で長生きするための秘訣なのです。

充実した毎日はお口の健康から。いますぐ予防歯科を始めましょう!